水泳を極める

水泳を極める

基礎的な水泳の練習法

水泳が上手になる為には、水の中で進む為に正しい手足の使い方に徹底する事が大切です。全く水泳を経験していない人の場合、水の中で足の上下の運動に関する練習を行います。ビート板を手に持ちながら足を水の中で動かして、前に進む練習を行って、前に進むコツを掴む事が大切です。足の動かし方が慣れてきて、次第に前に進むようになったらクロールなどの泳ぎ方を学びながら息継ぎの知識などを学びます。
長い距離を泳げるようになる為には息継ぎという行動が欠かせないので、水の上から正しく顔を出す方法を教えたり、正しいクロールの泳ぎ方の行動を学びます。小学校などに設置されているプールの長さは全長で25メートルほどの長さで、最初は25メートルの半分ぐらいの長さまで立たないで泳ぐ事を目標にして水泳の練習を行います。クロールを学ぶ場合、手足の動かし方のバランスが整ってくると前に進む速さが速くなります。
早く進む事を考慮してむやみに手足を動かしても前に進まない事が多くて、体に負担が掛かる事を考慮して、息継ぎが慣れてきた時にゆっくりとしたモーションで正しいクロールの仕方を学びます。息継ぎが出来るようになったら。速さに関係なく途中で立たないでクロールで25メートルを泳ぎきる事を目標にしながら泳ぎます。

水泳が慣れてきた人向けの練習法

ある程度水泳が慣れてきたら、平泳ぎやバラフライなどの高度な泳ぎ方の練習を行う事も良いです。
平泳ぎは水をかき分けながら泳ぐ方法で、足は蛙のような形になって後方に蹴りながら泳ぐ事が特徴です。バタフライは脚を揃えながら上下に動かして、水の上からかき分けながら泳ぎます。自分で泳ぎ方を知らない場合、動画や先生の泳ぎ方を参照しながら正しく前に進む事を意識して勉強する事が大切です。慣れていない人の場合は進む速さは気にしないで、正しい泳ぎ方になる事を前提にして平泳ぎなどを学びます。
オリンピックなどでは競泳の種目があって、泳ぐ競争を行っています。競争に参加する時に飛び込みを行ったり、泳いで隅の方に行った場合にターンなどの行動を行う事が欠かせないです。水泳で飛び込みを行う場合、注意点として周囲に人がいないかどうかを確認したり、飛び込む時に水にお腹を当てない事に気をつけます。正しい飛び込みの仕方やターンの仕方に関しては、動画で綺麗に行っている人の動作を見て学んだり、水泳の先生から習う事が基本です。初心者が飛び込みなどの練習を行う場合、最初はゆっくりで良いので、体に負担が掛からない飛び込み方などを学ぶ事が大切です。

check

心に残るパーティーシーンを提供する東京のケータリングサービスです。

ケータリング 東京

口に広がるさわやかな甘さが絶品

はちみつ 梅干し

生きた酵母の発酵パワーに注目!!

ダイエット 酵母

2017/4/5 更新